福田社会保険労務士事務所のお役立ち情報

福田社会保険労務士事務所は助成金を得意とする社労士事務所です。

【労務問題】試用期間なら解雇しても問題ないと思っていませんか?

 

こんにちは!
福田社会保険労務士事務所、代表の福田です!

本日のテーマは、従業員を雇用する際に最初によく使われる、「試用期間」についてお話したいと思います。

 

小売業 O社長
小売業 O社長
 
試用期間はうちでも設けてますが、特に問題になるような点はないと思います。

 

 
結構勘違いなさっている会社があるので、御社も正しく運用されていればいいのですが…
社労士 福田
社労士 福田

 

新しい従業員を雇い入れるにあたり、面接等の入社試験を実施するものの、

・どんな人間性なのか

・業務の適性が本当にあるのか

といったことを、実際に働いてみてもらって確かめたいという意味合いで「試用期間」を定めている会社は多くあります。

 

一般的に多いのは3ヶ月程度の設定で、この期間経過後に賃金等の条件を改めて話し合ったり、配置をしたり、場合によっては本採用をしないというケースもあるかと思います。

 

しかし、この「試用期間」について誤解されている経営者が非常に多いのです!

 

「試用期間満了後に本採用しなくても解雇ではないから、解雇予告手当も必要ない」

と思っておられる経営者が多くいらっしゃいます。

 

ですが、これは大きな誤解なのです!

 

小売業 O社長
小売業 O社長
 
えっ?試用期間内だったら、
いつでもクビにできると思ってました。。

 

 
O社長も誤解されてましたかー。
それは運用を改めなければなりませんねぇ。
社労士 福田
社労士 福田

 

では、なぜこのような誤解をされるのでしょうか?

 

それは労働基準法に規定されている「試みの試用期間」というものがあるからだと思います。

この「試みの試用期間」は14日間で、この期間内であれば解雇予告手当なしで解雇しても違法にはなりません。

 

しかし、この14日間を過ぎてしまった後は、解雇予告手当が必要になるのです。

 

ですので、雇用をする際は、

「こんな人だとは思わなかった。。。」

とならないよう、数回にわたる面接や能力を確かめる入社試験を実施するなど、入念なチェック体制が必要です。

 

そのうえで、試用期間内で判断に至らなかった場合には、解雇することはできませんが、試用期間を延長したり、研修や指導を改めて実施するといった取り組みをするのも良いかと思います!

 

小売業 O社長
小売業 O社長
 
試用期間について、よく理解できました!
これからは正しく運用していきます!

 

 
ご理解いただけて良かったです!
これでトラブルを防止できますね!
社労士 福田
社労士 福田

 

 

スタッフ M子
スタッフ M子
 
労務に関するご相談は、当事務所までお気軽にお問い合わせくださいね!

 

https://fukuta-sr.com/